ETF(上場投資信託)でいつも価格動向を見ている銘柄をひとつ追加しました。

正式名称は、「NEXT FUNDS 野村日本株高配当70連動型上場投信」です。

高配当利回りに着目した日本株ETFとしては、2010年5月に上場した

「上場インデックスファンド日本高配当(1698)」に次いで2本目となります。

野村証券金融工学センターが開発した指数である「野村日本株高配当70(配当除く)」に

連動した運用を行うETFになります。

予想配当利回りが高い日本株70銘柄で構成し、年1回12月に定期入替を実施します。

銘柄数を少なくして予想配当利回りの高い銘柄に絞り込むことで指数全体の予想配当利回りの向上を

狙いつつ、株式の流動性が関係する銘柄売買時の執行コストの低減を計るように検証した結果、

銘柄数を70に特定したようです。


また銘柄へは等金額投資(一律に1.43%)です。

一方、1698は連動する指数の「東証配当フォーカス100」が時価総額加重型であるため、

組入上位銘柄の比重が高くなりやすいです。

指数のバックテストの結果では、2000年末を起点として2013年2月末時点では、

配当除外タイプで48%の上昇。

配当込みタイプでは93%の上昇です。一方、日経平均は16%の下落。

逆張り運用ですので、長期的には使い道がありそうです。


既存の注目銘柄は以下の通りです。


(REIT型)

1343 : NEXTFUNDS東証REIT指数連動型上場投信

1345 : 上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型

1555 : 上場インデックスファンド豪州リート(S&P/ASX200A-REIT)


(その他)

1566 : 上場インデックスファンド新興国債券(バークレイズLocal EM国債)

1677 : 上場インデックスファンド海外債券(Citigroup WGBI)毎月分配型

1698 : 上場インデックスファンド日本高配当(東証配当フォーカス100)


以上、少しでもご参考になりましたら幸いです。

( スポンサーリンク )





独身投資家のパソコンは「マウスコンピューター」 サクサク動きます!
CPU : i5-8400(4GHz:TB時) メモリー : 16GB SSD : 120GB HDD : 1TB 高性能グラフィックボード搭載
マウスコンピューター/G-Tune