半年ぶりに野村証券の「ピンポン営業」が自宅にやって来ました。 今年の3月26日と同一人物でした。

前回来たときは、インターホンの画面越しに、

野村証券の「ヘトヘトマーク(=バッチ) ⇒ ヘトヘトになるまで働く意」が見えましたので、

取り敢えず、野村証券の昔(25年くらい前)のキャッチフレーズにならって、

「Face to  Face」で応対してみましたが、1年目の社員ということで、

全く話が噛み合いませんでした。

岡三だったら塩をまいて追い返すのですが!


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3055578469990778"
data-ad-slot="2966932240">



付き合うメリットもなさそうでしたので、もし今度来る機会があれば、

「国内リテール部門の担当役員を来させてね!」と、先方が出来るわけもないことを伝えて、

遠回しな表現で再訪問を断っておいたのですが、またまたノコノコとひとりでやって来るとは・・・


今回は私用で外出する直前でしたので、わざわざ応対せずにスルーしたのですが、

ポストに「IPOのチラシ」を入れていました。

こちらになります ↓ ↓ ↓

ワールド野村チラシ


他のIPO投資家の皆さんと同様に

当初より「見送りすべき銘柄」であると認識していましたが、

主幹事証券の兵隊に過ぎない2年目社員が、「ピンポン営業」でチラシをまいている銘柄ですので、

「人気のなさ」については、改めて言及する必要もなさそうです。 ( ノ●マ証券の社員は大変だ~ )


さらに前回の訪問時には、

「もしIPOの勧誘なら公募で30万株未満(3000枚未満)の銘柄だけ!

再上場案件やファンドの出口案件は絶対にいらないから!」と

伝えてあったのですが、全く守られていませんね・・・(苦笑)



以上、少しでもご参考になりましたら幸いです。このエントリーをはてなブックマークに追加

( スポンサーリンク )





独身投資家のパソコンは「マウスコンピューター」 サクサク動きます!
CPU : i5-8400(4GHz:TB時) メモリー : 16GB SSD : 120GB HDD : 1TB 高性能グラフィックボード搭載
マウスコンピューター/G-Tune