2018年9月のIPOの中で、「みずほ証券」が主幹事となっているIPOが7銘柄もあります。

長いこと「IPOプライマリー」に取り組んでいますが、

旧「新光証券」の頃から思い起こしても、1ヵ月の間にこれほど件数が多かったことは、

ちょっと記憶にありません・・・

みずほ証券新宿看板


さらにここ数ヶ月でみても、「みずほ証券」の主幹事件数が、6月、7月と

それぞれ2件づつありましたので、6月から9月までの4か月間で11件に上ります。

この短い期間において、店頭配分における「特定顧客への過度な集中」を

回避する必要性が生じる可能性も想定されるかもしれません。



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3055578469990778"
data-ad-slot="2966932240">




自分よりも優先されるであろう顧客への配分が終わった後での「おこぼれ」を狙う作戦になりますので、

店頭申込をする銘柄は、最後から遡ることになります。

「SBIインシュアランスグループ(7326)」は、地雷の可能性もありますので見送り、

「フロンティア・マネジメント(7038)」、「ブロードバンドセキュリティ(4398)」あたりが、

枚数もやや多く狙い目でしょうか~


資金力について、主力部隊は「大和証券」に投入されていますので、

残存兵力は1千万円弱しかありません・・・(厳しい)


「みずほFG劣後債」を保有していることと、

「みずほプレミアムクラブ」がBrilliant(ブリリアント)であることが、

どこまで貢献してくれるかどうか?


最後の手段としては、懇意にしている「みずほ銀行」の担当者から証券側へ圧力を・・・ (効果は???)


以上、少しでもご参考になりましたら幸いです。このエントリーをはてなブックマークに追加

( スポンサーリンク )





独身投資家のパソコンは「マウスコンピューター」 サクサク動きます!
CPU : i5-8400(4GHz:TB時) メモリー : 16GB SSD : 120GB HDD : 1TB 高性能グラフィックボード搭載
マウスコンピューター/G-Tune